医療みらい創生機構について

代表あいさつ

社会を変えていく手段としてビジネスがあります。実現しなければいけない夢、譲れない志があるのなら、それをどうやってビジネスに、継続可能な社会システムにできるかを考えましょう。
「点」としての志を確かな「線」に、そしてやがては完全に社会を覆う「面」に成長させていく活動を、本会で生み出して行きたいと思います。
そこに、「新しい成功事例」の創造、未来につながる経済構造の変革があるはずです。

本団体はリアルタイムな情報交換が可能なネットワークを構築し、志ある会員の活動をサポートすることが主な設立目的になります。従って、少なくとも設立当初は、自らのフィールドを持ち行動する企業や個人、組織以外にはあまり参加の意味がないかもしれません。

本団体が、地域再生に孤軍奮闘しながら規制に阻まれて、あるいは資金や人材、広報力の欠如により目的を果たせないでいる企業や団体をバックアップし、社会にその存在を知らしめると同時に、そうして生まれた新しいシステムを社会に定着させていく「実行力をともなったシンクタンク」としての機能を果せるまでに成長するならば望外の喜びです。

医療みらい創生機構 代表理事

北原 茂実

北原 茂実 プロフィール

1953 年神奈川県生まれ。79 年東京大学医学部卒業、95年東京都八王子市に北原脳外科病院を開設、2010年に医療法人社団KNI・北原国際病院と改称し、理事長として革新的な取り組みを行う。2015 年一般社団法人医療みらい創生機構を設立し代表理事に就任、16年カンボジアに救命救急機能を持つサンライズジャパンホスピタルを開設。17年からベトナム、ラオスへと進出を開始している。2018年には本拠地である東京都八王子市にて、超高齢化社会でも市民が安心・安全・快適・快適に人生を過ごすためのサービス「北原トータルライフサポート倶楽部」を開始。NECグループをはじめ様々な企業、大学などとICTやロボット技術を使い医療の効率化と質の向上を目指す「デジタルホスピタル」の開発にも取り組んでいる。著書に『「病院」がトヨタを超える日』、『あなたの仕事は「誰を」幸せにするか?』などがある。

主な経歴

1979年東京大学医学部卒業
1979年東京大学医学部附属病院 脳神経外科にて研修
1979年三井記念病院 脳神経外科 などを経て
1995年北原脳神経外科病院 開設(現 北原国際病院)
1996年医療法人社団 北原脳神経外科病院 開設(現 医療法人社団KNI)

著書

  • 「病院」がトヨタを超える日-医療は日本を救う輸出産業になる
  • 「病院」が東北を救う日(講談社+α新書)
  • あなたの仕事は「誰を」幸せにするか?(ダイヤモンド社)など